産経ニュース

立ち入り日程を「ひかりの輪」信者に漏らす 公安調査庁職員を守秘義務違反で略式起訴 東京地検特捜部

ニュース 事件

記事詳細

更新


立ち入り日程を「ひかりの輪」信者に漏らす 公安調査庁職員を守秘義務違反で略式起訴 東京地検特捜部

 公安調査庁の立ち入り検査の日程を、オウム真理教から分派した団体「ひかりの輪」の信者に事前に漏洩(ろうえい)したとして、東京地検特捜部は27日、国家公務員法(守秘義務)違反罪で、同庁の風間寛之主任調査官(31)を略式起訴した。公安調査庁は同日、風間主任調査官を減給100分の5(1カ月)の懲戒処分にした。

 特捜部などによると、風間主任調査官は平成25年6月17日、東京都世田谷区の教団施設に居住していた20代の男性信者=脱会=に対し、翌日に同施設へ公安調査庁の立ち入り検査が実施されるとの内容のメールを送ったとしている。

 公安調査庁によると、風間主任調査官は「信者の信頼を得て、より重要な情報を得ようとした」と説明。情報提供に対する見返りは受けていないという。

 この問題では、ひかりの輪が昨年11月、「風間主任調査官が男性信者に対し、飲食接待したり金品を提供したりしていた」と指摘し、同法(守秘義務)違反罪で刑事告発していた。

「ニュース」のランキング