産経ニュース

「特別な顧客にだけに」 みずほの看板悪用、本店応接室で勧誘、「審査役」の名刺見せ… WBC元王者も被害

ニュース 事件

記事詳細

更新


「特別な顧客にだけに」 みずほの看板悪用、本店応接室で勧誘、「審査役」の名刺見せ… WBC元王者も被害

及川幹雄容疑者が男性医師に投資を勧めたメールの文面

 「本店だから信用したのに…」。詐欺容疑で逮捕された及川幹雄容疑者はみずほ銀行の本店応接室を勧誘に使うなど、三大メガバンクの一角の看板を最大限に利用していた。

 東京都千代田区内幸町にそびえる超高層ビル。仕立ての良いいすが並び、警備員が巡回するみずほ銀行本店だったこのビルの応接室で、顧客らは及川容疑者の話に魅せられ、次々と多額の現金を預けていった。

 平成23年5月、及川容疑者はこの応接室で男性医師に話し始めた。「みずほ銀行の特別な顧客にだけ紹介している商品がある。みずほの顧問税理士が考えたスキームで絶対安全。元本はみずほが100%保証する。解約はいつでも可能」。名刺には「審査役」の肩書。案件は同行の大口取引先として知られる老舗出版社への投資。「これなら安全」-。男性医師の確信はしかし、裏切られた。

 「みずほ」のあらゆる看板を利用した手法に、世界ボクシング評議会(WBC)元バンタム級王者の薬師寺保栄氏(46)やプロゴルファーら数十人がだまされた。薬師寺氏らは東京地裁に損害賠償を求めて提訴もしている。

 捜査2課が確認したところ、及川容疑者が現金を運用した形跡は皆無だったという。男性医師はこう憤る。「『みずほ』だというから信じたのに…」

「ニュース」のランキング