産経ニュース

公安調査庁、ネットに「インテリジェンス体験ゲーム」公開 イスラム国事件受け、新卒採用を強化

ニュース 事件

記事詳細

更新


公安調査庁、ネットに「インテリジェンス体験ゲーム」公開 イスラム国事件受け、新卒採用を強化

公安調査庁が公式ホームページに公開した体験ゲーム「インテリジェンス・スキルズ・チャレンジ」(池田証志撮影)

 公安調査庁が、公式ホームページ(HP)でインテリジェンス(情報活動)体験ゲームを公開した。インターネット上で遊ぶことができ、インテリジェンス・オフィサーとしての適性を診断する。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の邦人殺害脅迫事件などを受け、公安庁はインテリジェンス機能の強化を目指している。5月から始まる新卒採用をターゲットにした新たな取り組みだ。

 公安庁が20日に行ったHPのリニューアルの一環で、ゲームを公開するのは初めて。テロ組織の拠点に潜入し、制限時間内にテロリストの狙いを暴くのがミッションだ。公安調査官が実際に受ける研修内容を反映した内容で、記憶力や分析力などインテリジェンス・オフィサーとして必要な能力を試すことができる。

 公安庁は一昨年から公式ツイッターを始め、昨年は漫画のキャラクターが登場する採用パンフレットを製作。“堅い”イメージを払拭し、若者への周知を進めている。こうした影響もあり、昨年の新卒採用活動時には、通常のほぼ倍にあたる約100人の希望者があったという。

 イスラム国事件の影響で、日本でも対外情報活動の必要性が高まっている。2020年の東京五輪開催を控え、テロ・治安対策の調査活動の強化は必須だ。このため、平成27年度予算案には公安庁の純増員(12人)が盛り込まれている。

「ニュース」のランキング