産経ニュース

【地下鉄サリン20年】隠し部屋に現金や肉…教祖逮捕の指揮官が振り返った“その瞬間”

ニュース 事件

記事詳細

更新

【地下鉄サリン20年】
隠し部屋に現金や肉…教祖逮捕の指揮官が振り返った“その瞬間”

教団施設「第6サティアン」で逮捕された麻原彰晃死刑囚(中央)。奥は警視庁捜査一課の捜査員ら=平成7年5月16日、山梨県旧上九一色村(提供写真)

 地下鉄サリン事件が起きた平成7年3月20日以降、新宿駅構内に青酸ガス発生装置が置かれるなど、オウム真理教による無差別テロは続いた。教祖の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚(60)の逮捕なくして、流れは断ち切れない。5月16日。ついに“その瞬間”を迎えた。元警視庁捜査1課長で当時、同課理事官として現場を指揮した山田正治さん(74)が、緊迫の様子を振り返った。

 5月16日午前5時25分ごろ、山田さんは山梨県旧上九一色村の教団施設「第6サティアン」にいた。鉄骨3階建てで、1階は麻原一家の住居や食料庫、2階は信者の瞑想(めいそう)部屋、3階はベニヤ板で仕切った小さな部屋が並ぶ。

 捜査員ら約10人を連れて裏口から突入。真っ先に麻原死刑囚の居室を捜索したが、もぬけの殻だった。ハンマーを手にした捜査員が壁や天井をぶち抜いて捜した。建物が穴だらけになっても見つからない。こんなはずはない。だが、山田さんには確信があった。

「ニュース」のランキング