産経ニュース

子供の蹴ったボールで男性転倒、死亡…親の監督責任めぐり最高裁で弁論へ

ニュース 事件

記事詳細

更新


子供の蹴ったボールで男性転倒、死亡…親の監督責任めぐり最高裁で弁論へ

 2審判決によると、愛媛県今治市で平成16年2月、バイクを運転していた当時80代の男性が、校庭から転がり出たサッカーボールを避けようとして転倒、足を骨折。直後に痴呆の症状が出て、事故から約1年半後に男性は肺炎で死亡した。男性の遺族が約5千万円の賠償を求め提訴し、1審大阪地裁は元少年の過失を認めた上で監督者の両親に責任があるとして約1500万円の賠償を命じた。2審大阪高裁も、減額したものの両親の監督責任を認めて約1100万円の支払いを命じた。

「ニュース」のランキング