産経ニュース

【衝撃事件の核心】“指紋酷似”の男は「本ボシ」になるか 発生20年の八王子スーパー射殺事件、急展開は?

ニュース 事件

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
“指紋酷似”の男は「本ボシ」になるか 発生20年の八王子スーパー射殺事件、急展開は?

女子高生ら女性3人が射殺されたスーパー「ナンペイ」=平成7年8月3日、東京都八王子市

 当時は東京・多摩地区に住み、タクシー運転手をしていた。捜査本部は犯罪歴や土地勘など犯人像を分析する捜査の過程で、過去に窃盗容疑での逮捕歴があり、事件当日に目撃されていた白い乗用車を保有していた男性に注目したのだ。

 しかし当時は、「犯人の可能性はある人物の一人だったが、あくまでその域をでなかった」(捜査幹部)にすぎなかった。

 指紋による個人特定には特徴点12カ所の一致が必要とされるが、今回の指紋は不完全で部分的にしか残っておらず、8カ所のみが一致した。「刑事事件として立証する証拠としては不十分」(捜査幹部)だったが、可能性は捨てきれない。捜査本部は男性の事件当時のアリバイや、銃を入手できる環境にあったかどうかなどを調べ始めた。

男性は10年以上前に死亡 アリバイも

 誤算だったのは、男性が既に死亡していたことだった。

 捜査関係者によると、男性は15年ごろに60代で病死。そのため、捜査本部は男性の親族らからDNA型を採取するなどして、犯人かどうかの突き合わせを進めた。

このニュースの写真

  • “指紋酷似”の男は「本ボシ」になるか 発生20年の八王子スーパー射殺事件、急展開は?
  • “指紋酷似”の男は「本ボシ」になるか 発生20年の八王子スーパー射殺事件、急展開は?

「ニュース」のランキング