産経ニュース

「教え子鬱病に、家族から復讐頼まれた」全国の教職員らに脅迫状 300万円要求…金銭目的?愉快犯?

ニュース 事件

記事詳細

更新


「教え子鬱病に、家族から復讐頼まれた」全国の教職員らに脅迫状 300万円要求…金銭目的?愉快犯?

埼玉県内の教職員宛てに届いた脅迫状の写し(県教育委員会小中学校人事課提供)

 全国の教職員らの自宅などに、教え子に人格を傷つける言動を行ったとして嫌がらせなどの報復をほのめかし、中止する見返りに現金300万円を要求する脅迫状が届いていることが12日、各教育委員会への取材で分かった。鹿児島、沖縄を除く45都道府県で少なくとも2000件以上が確認されている。

 最も多かったのは千葉県の523件で、埼玉県の338件、大分県の160件と続き、被害は全国に広がっている。宛先は小中学校の教員が多いが、事務職員なども含まれる。文部科学省は12日までに、都道府県と政令市の教育委員会に、脅迫文の内容を周知、本人や家族などが対応しないよう文書で注意喚起した。各教委は警察に相談するなど対応に当たっている。

 埼玉県教委によると、同県内ではいずれも封書で11日前後に届いた。A4判1枚に「お前は以前教え子にひどい言葉で人格を傷つけた。家族は復讐(ふくしゅう)の依頼をしてきた。300万円支払えば中止する」との内容が印字されていた。

 消印は徳島市内の郵便局で、送金先としてタイ国内の住所を指定。県教委は過去の教員住所録が流出した可能性があるとみている。

お前の教え子の親からの依頼で

「ニュース」のランキング