産経ニュース

長野県内の世帯半数が停電 長野新幹線、一時運転見合わせ

ニュース 事件

記事詳細

更新


長野県内の世帯半数が停電 長野新幹線、一時運転見合わせ

長野県で発生した大規模停電の影響で長野新幹線が一部区間で運転見合わせとなり、乗客に対応する駅員=2日午前、JR東京駅

 2日午前5時35分ごろ、長野市や松本市など長野県北部、中部を中心に大規模な停電が発生し、県全体の約半数の世帯となる約38万戸が影響を受けた。停電の影響で長野新幹線の一部区間で運転を見合わせた。中部電力が原因を調べている。

 中部電力によると、県内で2つの変電所を結ぶ送電線が停止したことが原因とみられる。別の送電線に切り替え、順次復旧が進んでいる。

 JR東日本によると、始発の午前7時半ごろから東京-軽井沢間の上下線で運転ができなくなった。その後、送電線が復旧し、午前9時40分、運転を再開した。

 遅れは続いており、運休は現在、下り6本と上り9本の計15本にのぼっている。

「ニュース」のランキング