産経ニュース

沖ノ鳥島の桟橋転覆事故 「引き船側に問題なし」 運輸安全委が調査打ち切り

ニュース 事件

記事詳細

更新


沖ノ鳥島の桟橋転覆事故 「引き船側に問題なし」 運輸安全委が調査打ち切り

 沖ノ鳥島(東京都小笠原村)の港湾施設工事で昨年3月、桟橋が転覆し7人が死亡した事故で、運輸安全委員会は24日、転覆直前に桟橋を引いていた船の作業手順や引き方に問題はなかったと発表した。調査対象の船舶事故に該当しないため、調査を打ち切った。

 運輸安全委は事故直後、調査官を現場に派遣。桟橋などのデータ収集を行い、事故状況を分析した結果、船が桟橋を最低速度で引いた場合でも、桟橋に海水が流入する角度まで傾斜することが判明、事故原因は桟橋の安定性の低下にあるとの見方を強めた。運輸安全委は調査結果を国土交通省に提供し、事故原因の解明に役立ててもらう。

 転覆事故をめぐっては、国交省関東地方整備局の原因究明・再発防止検討委員会が昨年7月、桟橋の重量が設計より増して不安定になり、大きく揺れて転覆につながったとする中間報告を公表。事故原因については、第3管区海上保安本部が捜査している。

「ニュース」のランキング