産経ニュース

【西川農水相辞任】相次いだ政治とカネ問題 政治資金規制議論はうやむやに?

ニュース 事件

記事詳細

更新

【西川農水相辞任】
相次いだ政治とカネ問題 政治資金規制議論はうやむやに?

安倍晋三首相に辞表を提出、記者団の質問に答える西川公也農水相=23日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)

 昨年9月の農水相就任直後から、“政治とカネ”の問題が次々と発覚していた西川氏だったが、2月に入って以降、砂糖業界などから“脱法的献金”を受けていたことも判明し、国会などで対応に追われていた。辞任で疑惑追及に幕引きを図りたい政権と西川氏。今国会でも政治資金を規制するあり方をめぐる議論は脇に置かれたまま、問題閣僚の辞任でうやむやになるという光景が繰り返されそうだ。

 西川氏をめぐっては昨年9月以降、経営者が特定商品預託法違反罪で有罪判決を受けた安愚楽(あぐら)牧場からの献金▽政党支部の親族企業からの物品購入▽資金管理団体からファッションブランド「エルメス」名目の支出-など不適切収支が相次いで発覚。こうした影響もあり、昨年12月の衆院選では現職閣僚として選挙区で唯一敗北し、比例代表で復活当選する憂き目も味わった。

 疑惑が決定的になったのは今月。政治資金規正法は「国の補助金交付が決まった法人からの1年以内の献金」を禁じているが、国庫が原資の補助金を受けた栃木県内の木材加工会社から300万円の献金を受けていたことが13日に発覚。さらに17日には、国の補助金13億円を受けた砂糖業者の団体「精糖工業会」(東京)の関連会社からの100万円の献金も発覚した。砂糖は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉で日本側が関税維持の「聖域」と位置づける重要5項目の一つだ。

 西川氏は「いずれも違法性はないが職責を考え返還した」と説明。しかし民主党は「脱法的献金だ」と批判し、さらに追及を強める構えを見せていた。

 産経新聞の23日の取材に、木材加工会社は「説明できる者がおらず対応できない」。精糖工業会は「担当の専務理事が不在でお答えできない」とした。

このニュースの写真

  • 相次いだ政治とカネ問題 政治資金規制議論はうやむやに?
  • 相次いだ政治とカネ問題 政治資金規制議論はうやむやに?
  • 相次いだ政治とカネ問題 政治資金規制議論はうやむやに?

「ニュース」のランキング