産経ニュース

群馬県警巡査を逮捕、小4女児誘拐未遂の疑い 「パパが交通事故」とウソで誘い出す

ニュース 事件

記事詳細

更新


群馬県警巡査を逮捕、小4女児誘拐未遂の疑い 「パパが交通事故」とウソで誘い出す

 小学4年の女子児童(10)を誘拐しようとしたとして、群馬県警は18日、未成年者誘拐未遂の疑いで、同県渋川市金井、県警渋川署地域課巡査、秋山暢大(のぶひろ)容疑者(24)を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、1月15日午後4時10分ごろ、同県吉岡町の女児の自宅前で、「パパが交通事故に遭って病院に運ばれた。すぐに来てくれないか」などと嘘をついて誘い出そうとしたが、女児が拒否したため、未遂に終わったとしている。

 女児にけがはなく、秋山容疑者は「かわいかったので仲良くなりたかった」などと話しているという。

 当日、秋山容疑者は非番で、女児の自宅近くで車で待ち伏せし、女児に対し下の名前で話しかけた。女児の父親の名前も知っていたという。県警は秋山容疑者が同町内の交番に勤務していたことから「地域活動の中で知り得た可能性がある」としている。

 女児は昨年12月にパトロール中の秋山容疑者を5、6回見かけたと話しており、女児の「見たことのある警察官に似ている」との証言から秋山容疑者が浮上した。

 県警の上原健司首席監察官は「現職の警察官が逮捕されたことは極めて遺憾。捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」とのコメントを出した。

「ニュース」のランキング