産経ニュース

薬歴未記載で診療報酬請求 「くすりの福太郎」、17万件分返還へ

ニュース 事件

記事詳細

更新


薬歴未記載で診療報酬請求 「くすりの福太郎」、17万件分返還へ

 ドラッグストア大手「ツルハホールディングス」(札幌市)の子会社「くすりの福太郎」(千葉県鎌ケ谷市)は10日、薬を調剤する際に記載する「薬剤服用歴(薬歴)」の記載を怠ったまま診療報酬を繰り返し請求していたことを明らかにした。同社によると、平成25年3月の社内調査で発覚した薬歴の未記載は計17万3135件にのぼり、調査の上、自主的に診療報酬を返還する方針を示した。

 薬歴は患者ごとに作成され、薬の効果や副作用などを記入する。同社は薬歴記録を電子データで残すシステムを採用。現場の薬剤師が患者から聞き取った内容をメモにして残していたが、パソコンでの入力を怠っていた。同社によると、当時の社内調査で69店舗中48店舗で未記載が確認され、同年8月までに入力を完了したという。しかし、1月に親会社の調査で再び入力されていない薬歴が見つかった。薬歴の記載がないことで副作用や健康被害が起きたとの相談はないという。

 小川久哉社長は会見で、「ご心配とご迷惑をおかけして申し訳ない」と謝罪。今後は10店舗を閉鎖し、薬剤師を集中させて対応する予定という。

「ニュース」のランキング