産経ニュース

南極観測、大陸で初の死者 しらせ乗員、作業中に倒れ

ニュース 事件

記事詳細

更新


南極観測、大陸で初の死者 しらせ乗員、作業中に倒れ

ヘリコプターから観測拠点に物資を運び込む「しらせ」乗員ら。男性士官はこうした作業中に倒れたという=平成23年2月、昭和基地の東約20キロの南極大陸(芹沢伸生撮影)

 防衛省統合幕僚監部に入った連絡によると、3日午後3時半(日本時間同日午後9時半)ごろ、南極大陸で第56次南極観測隊の野外観測を支援していた観測船「しらせ」(日高孝次艦長)乗員の男性士官(50代)が突然倒れ、搬送されたしらせ船内で死亡が確認された。昭和31年の第1次隊派遣以来、日本の観測隊関係者が南極大陸で亡くなったのは初めて。

 乗員が倒れたのは、昭和基地の東方約22キロにある南極大陸の観測拠点。乗員は観測機材などの搬入作業中に倒れて意識を失い、人工呼吸などの蘇生措置を受けながらヘリコプターでしらせに運ばれた。

 昨年秋、出港前の健康診断で異常はなく、船内でも特に問題はなかったといい、詳しい死因などを調べている。遺体の移送や観測計画の変更などは今後、検討するという。

 しらせは昨年11月11日に東京・晴海を出港、現在は昭和基地沖におり、4月10日の晴海帰港を予定している。

「ニュース」のランキング