産経ニュース

【オウム公判】「心からお詫びします」林郁夫受刑者が謝罪 仮谷さん事件で証人尋問 高橋克也被告第13回公判

ニュース 事件

記事詳細

更新

【オウム公判】
「心からお詫びします」林郁夫受刑者が謝罪 仮谷さん事件で証人尋問 高橋克也被告第13回公判

 地下鉄サリン事件など4事件で起訴された元オウム真理教信者、高橋克也被告(56)の裁判員裁判の第13回公判が5日、東京地裁(中里智美裁判長)で開かれた。証人尋問で、目黒公証役場事務長、仮谷清志さん=当時(68)=監禁致死事件で麻酔薬を投与した元教団幹部の林郁夫受刑者(68)=無期懲役が確定=が出廷。「心からおわびします」と涙ぐみながら被害者らに謝罪した。

 林受刑者が裁判員裁判に証人出廷するのは初めて。この日の法廷では、検察官から尋問の冒頭で経歴を聞かれた際に質問を遮る形で謝罪。仮谷さんが拉致されて教団施設に運び込まれる状況について質問された際にもすすり泣きながら約20秒間沈黙した。

 林受刑者は慶応大医学部を卒業後、米国の名門病院に勤務し、帰国後、国立病院の医長を務めた元心臓外科医。平成2年に家族4人で教団に出家し、優秀な医師としての手腕を買われて「治療省」大臣を務めた。

 地下鉄サリン事件では散布役となったが、逮捕後に全面自供し事件の全容解明の突破口となった。10年5月の1審の東京地裁は自首を認めて求刑通り無期懲役判決を言い渡し、確定した。サリン散布役では唯一の無期懲役判決となった。

「ニュース」のランキング