産経ニュース

台湾民間機が墜落 死者2人の情報も

ニュース 事件

記事詳細

更新


台湾民間機が墜落 死者2人の情報も

4日午前、台北市内の基隆河で、墜落した復興航空機の機体から乗客を救出する消防隊員ら(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】台北の松山空港から台湾の離島、金門島に向かった復興(トランスアジア)航空の民間旅客機が4日午前、離陸直後に台北郊外で高速道に接触、墜落した。少なくとも2人が死亡したとの情報がある。50人以上が搭乗していたという。

 機体は高架下の川に落下。当局が機体後部のドアから乗客らの救出にあたっている。

 周辺には、高速道にあたって砕けたとみられる左側の主翼の破片が落ちているのが確認された。

 日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所は日本人の搭乗客がいないか調べている。

 台湾メディアによると、事故機はATR72型プロペラ機。復興航空をめぐっては昨年7月、離島の澎湖島で民間機が墜落し、乗客乗員58人のうち48人が死亡する事故が起こっているが、このときも事故機はATR72型プロペラ機だった。

このニュースの写真

  • 台湾民間機が墜落 死者2人の情報も
  • 台湾民間機が墜落 死者2人の情報も
  • 台湾民間機が墜落 死者2人の情報も
  • 台湾民間機が墜落 死者2人の情報も

「ニュース」のランキング