産経ニュース

「悪質なサイバー犯罪」片山被告に懲役8年判決 東京地裁 遠隔操作事件

ニュース 事件

記事詳細

更新


「悪質なサイバー犯罪」片山被告に懲役8年判決 東京地裁 遠隔操作事件

片山祐輔被告

 4人が誤認逮捕された遠隔操作ウイルス事件で、威力業務妨害やハイジャック防止法違反などの罪に問われたIT関連会社元社員、片山祐輔被告(32)の判決公判が4日、東京地裁で開かれた。大野勝則裁判長は「無実の人への影響を顧みず、捜査機関を出し抜いてやろうとした悪質なサイバー犯罪だ」として片山被告に懲役8年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 大野裁判長は「無実の人の誤認逮捕を目的として犯行に及び、もくろみどおりの結果を生じさせた」として、起訴内容に含まれない誤認逮捕も量刑の判断材料に加えたと述べた。

 犯行後に報道機関などにメールを送り捜査機関を挑発する行動を繰り返したことに対しては、「世間をより騒がせようとしたもので悪質と言わざるを得ない」と指摘。保釈中に真犯人を名乗るメールを送信した自作自演の行為についても「何としても自己の刑事責任を逃れようとする被告の強固な意思と人格態度が見て取れる」と批判した。

このニュースの写真

  • 「悪質なサイバー犯罪」片山被告に懲役8年判決 東京地裁 遠隔操作事件

「ニュース」のランキング