産経ニュース

秋葉原無差別殺傷 加藤被告の死刑確定へ 最高裁が1、2審判決支持

ニュース 事件

記事詳細

更新


秋葉原無差別殺傷 加藤被告の死刑確定へ 最高裁が1、2審判決支持

加藤智大被告 加藤智大被告

 平成20年に、7人が死亡し、10人が重軽傷を負った東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われ1、2審で死刑とされた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(32)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は2日、被告側の上告を棄却した。死刑が確定する。

 昨年12月18日に開かれた上告審弁論で弁護側は、加藤被告が利用していた携帯電話サイトの掲示板について、「被告の偽物が現れ、家族同様だった掲示板での人間関係が壊されたと思い強いストレスを受けた。事件当時は急性ストレス障害だった可能性がある」と指摘。「被告は事件当時、心神喪失もしくは心神耗弱だった疑いがある。完全責任能力を認めた1、2審判決は誤りだ」として極刑回避を求めた。

 検察側は「完全な責任能力を認めた判決に誤りはない」と死刑維持を求めていた。

 1、2審判決によると、加藤被告は、20年6月8日午後0時半ごろ、歩行者天国になっていた東京・秋葉原の交差点にトラックで突入。歩行者5人をはねた上、ダガーナイフで12人を次々と刺した。7人が死亡し、10人がけがを負った。

このニュースの写真

  • 秋葉原無差別殺傷 加藤被告の死刑確定へ 最高裁が1、2審判決支持

「ニュース」のランキング