産経ニュース

【イスラム国殺害脅迫】サジダ・リシャウィ死刑囚とは何者か アンマン連続テロに関与した女性テロリスト

ニュース 事件

記事詳細

更新

【イスラム国殺害脅迫】
サジダ・リシャウィ死刑囚とは何者か アンマン連続テロに関与した女性テロリスト

イスラム国が釈放を要求してきたサジダ・リシャウィ氏=2005年11月に放映されたヨルダン国営テレビから(AP)

 【カイロ=大内清】後藤健二さんとみられる男性が画像の中で言及した女性、サジダ・リシャウィ死刑囚は、2005年にヨルダンの首都アンマンでの連続ホテル爆破テロに関与し、同国で死刑判決を受けている人物だ。

 アラブのメディアによると、リシャウィ死刑囚は05年、夫のフセイン・シャマリ容疑者とともにアンマン市内のホテルで自爆テロを図ったが、爆弾が爆発せず失敗。シャマリ容疑者はその場で自爆した。この事件では別の2つのホテルなども標的となり、少なくとも計60人が死亡している。

 リシャウィ死刑囚は1970年生まれで、イスラム国の前身である「イラクの聖戦アルカーイダ組織」を率いたザルカウィ容疑者の側近の親族とされる。ザルカウィ容疑者ら幹部とも近かった可能性は高く、イスラム国には象徴的な意味を持つ女性ジハーディスト(聖戦主義者)といえる。

 リシャウィ死刑囚は2006年、ヨルダンの裁判所で絞首刑を言い渡され、現在は同国内に収監中だ。イスラム国は、昨年12月にシリア北部でイスラム国の捕虜となったヨルダン人操縦士の解放と引きかえに、同死刑囚の釈放を求めていたとの情報もある。

「ニュース」のランキング