産経ニュース

「ASKA氏の体液混入の可能性ない」知人女性、栩内被告に有罪判決

ニュース 事件

記事詳細

更新


「ASKA氏の体液混入の可能性ない」知人女性、栩内被告に有罪判決

 歌手のASKA(本名・宮崎重明)氏(56)=懲役3年、執行猶予4年の東京地裁判決が確定=と共謀して覚醒剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた知人の栩内(とちない)香澄美被告(37)の判決公判が13日、東京地裁で開かれた。鈴木巧裁判官は「被告が覚醒剤と認識して摂取したことに、合理的な疑いはない」として懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 鈴木裁判官は、覚醒剤成分が検出された栩内被告の尿や毛髪の鑑定結果について、「ASKA氏の体液が混入して覚醒剤成分が検出された可能性はなく、被告が複数回にわたり覚醒剤を摂取した」と認定。

 また、「知らない間にASKA氏に覚醒剤を使用された」とする弁護側の主張について、「何らかの心当たりがあってしかるべきなのに、被告が(ASKA氏から使用された)具体的心当たりはないと述べているのは不自然。供述は信用できない」と退けた。

 判決によると、栩内被告は昨年5月、東京都内などで覚醒剤を使用したとしている。

「ニュース」のランキング