産経ニュース

条例改正で警察官が立ち入り調査 都内の危険ドラッグ店 警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


条例改正で警察官が立ち入り調査 都内の危険ドラッグ店 警視庁

 東京都薬物乱用防止条例が一部改正され、1日に施行されたことを受け、警視庁などが6日、都内の危険ドラッグ販売店に立ち入り調査した。

 警察官はこれまで、法律や都条例に基づく立ち入り権限がなく、厚生労働省の麻薬取締部や都職員の調査に立ち会う形式を取っていた。条例改正で警察官が立ち入れるようになり、販売自粛を効果的に要請できるほか、事件捜査の過程で見つかった未指定の薬物が流通しているかを確認し、都知事に指定を要請できるようになった。

 この日は豊島区や新宿区の店舗に警視庁の担当者が立ち入り、販売されている製品を確認。豊島区の店舗では、同行した都の職員が店内にあった6種155袋の全商品について任意提出を受けた。

「ニュース」のランキング