産経ニュース

勤務時間中にネット株取引300回 神戸公安調査事務所長を停職1カ月

ニュース 事件

記事詳細

更新


勤務時間中にネット株取引300回 神戸公安調査事務所長を停職1カ月

 公安調査庁は25日、勤務時間中にインターネットで株取引を行ったとして、神戸公安調査事務所長(54)を停職1カ月の懲戒処分にした。同事務所長は事実関係を認めており、同日付で辞職した。前職と現職の近畿公安調査局長については、監督責任を十分に果たせなかったとして厳重注意処分とした。

 公安庁によると、同事務所長は昨年1月から今月まで、所長室で公務用パソコンや私物のスマートフォンで勤務時間中に約300回にわたり株取引を行い、国家公務員法(職務専念義務、信用失墜行為の禁止)に違反した。

 同調査局内で先月に広まった情報をもとに公安庁で内部調査していた。

 公安庁は「服務規律の順守、倫理保持に対する職員の意識改革のための指導を徹底する」と話している。

「ニュース」のランキング