産経ニュース

LINE乗っ取りに悪用か 中継サーバー業者再逮捕 警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


LINE乗っ取りに悪用か 中継サーバー業者再逮捕 警視庁

 インターネット接続を中継する「プロキシ(代理)サーバー」がサイバー犯罪に悪用されていた事件で、警視庁サイバー犯罪対策課などは、米マイクロソフトのサーバー用基本ソフト(OS)を違法にコピーしたとして、著作権法違反容疑で、中国籍のサーバー運営会社経営、張徳育容疑者(30)=北区中十条=ら男6人を再逮捕した。

 警視庁によると、今回の摘発対象は、この6人が関係する東京都豊島区と台東区の中継サーバー業者2社。この2社のサーバーが平成24年以降、無料通話アプリ「LINE(ライン)」のアカウントを乗っ取られ、電子マネーの詐取に利用された事件など10件以上の犯罪に使われたとみられる。

 6人の再逮捕容疑は今年5~8月、OSを違法に複製してマイクロソフトの著作権を侵害するなどしたとしている。

 中継サーバーを経由すると発信元のIPアドレス(ネット上の住所)が匿名化され、利用者の素性を隠すことができるため、サイバー犯罪に悪用されるケースが相次いでおり、警視庁や埼玉など19道府県警は11月、中継サーバー業者の一斉摘発に乗り出し、中国人ら10人以上を逮捕した。

「ニュース」のランキング