産経ニュース

【衝撃事件の核心】「女性が恥じらいながら放尿する姿に興奮」の卑劣変態…これが「盗撮」でなければ何なのか、野外放尿マニア摘発

ニュース 事件

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「女性が恥じらいながら放尿する姿に興奮」の卑劣変態…これが「盗撮」でなければ何なのか、野外放尿マニア摘発

野外で放尿する女性を狙って“盗撮”サークルが見張っていたトイレ。敷地内に女性トイレはこの1カ所しかなく、行楽客が多い時期は長蛇の列になっていたという=東京都立新木場公園

 男は「女性に5000円を払って撮影させてもらっただけ」と説明したが、そんな言い訳が通るわけもない。スマートフォンには公園の茂みで用を足す女性の動画も見つかった。

 半年後の11月17日、警視庁生活安全特別捜査隊は、物流センターに勝手に侵入したとして、建造物侵入容疑で、墨田区押上、自称ライターの沖山健太容疑者(41)と、大阪、宮城、千葉の男計4人を逮捕。事件の全容解明に乗り出した。

「身動きも抵抗もできないので好き勝手にやった」

 沖山容疑者らの供述から浮かび上がったのは、野外放尿を専門に“盗撮”するサークル(同好会)の存在だった。

 同隊によると、沖山容疑者らはそれぞれ、7、8年前から、野外で放尿する女性を専門に撮影。花見やバーベキューなどの客で混雑し、トイレが長時間待ちとなる時期を狙って新木場公園のほかに東京・代々木公園や大阪府、宮城県の公園にも出向いており、警視庁幹部は「動画の本数は3ケタ以上だろう」とみる。

 手口は新木場公園と同じで、女性トイレに並ぶ列を監視し、離れた女性が我慢できずに野外で放尿すると見込んで尾行し、茂みなどで放尿が始まって逃げられなくなった段階まで待って撮影するというもの。

 4人は別々に“趣味”に目覚めたが、こうした“現場”で、互いに女子トイレを監視する姿を見つけて同好の士だと確信。連絡先を交換してからは、おすすめスポットを情報交換したり、一緒に撮影旅行に出かけたり、撮影した放尿動画の上映会を開き、互いに感想を言い合ったりするようになったという。

「ニュース」のランキング