産経ニュース

【日本の議論】「先輩に誘われたから」で少年院送り、罪の意識乏しき振り込め詐欺…過去最悪、年間被害「500億円超」の現実

ニュース 事件

記事詳細

更新

【日本の議論】
「先輩に誘われたから」で少年院送り、罪の意識乏しき振り込め詐欺…過去最悪、年間被害「500億円超」の現実

 振り込め詐欺は、まさに安易に高い報酬が期待できる、ローリスクでハイリターンの犯罪だ。

 警察庁が特殊詐欺の統計を取り始めた平成22年以降、金融機関や店舗などをターゲットとした侵入強盗や、公共の場で現金を奪う路上強盗などの発生状況を取りまとめた「強盗」の認知件数は17~25%減といずれも右肩下がりの減少傾向をたどっているが、特殊詐欺の被害は急激な右肩上がりのカーブを描いている。

 法政大の越智啓太教授(犯罪心理学)は、「感情が動機の殺人や傷害事件に対し、詐欺事件は損得の合理的計算で実行される犯罪。比較的スマートで目にみえる報酬が得られる振り込め詐欺は“割に合う”犯罪にみえるはずだ」と指摘する。

 さらに、「振り込め詐欺に新たに加わる人を減らすには犯行リスクを実感させる以外にない。結局、警察当局が摘発を強めるしかない。泳がせ捜査や携帯電話の通信内容を傍受するなど捜査における新たな手法が必要ではないか」と強調している。

 ■特殊詐欺 警察庁は親族などを装う「オレオレ詐欺」▽サイト利用料名目などで現金を要求する「架空請求詐欺」▽融資名目の「融資保証金詐欺」▽医療費控除が受けられるなどと詐取する「還付金詐欺」-の4類型を「振り込め詐欺」と定義。このほかに、「金融商品取引」▽「ギャンブル必勝法情報提供」▽「異性との交際あっせん」▽「その他」を加えた計8類型を総称したものを「特殊詐欺」として統計を取りまとめている。

「ニュース」のランキング