産経ニュース

フィリピン国籍の少女の父親を日本人と偽り…男女3人を逮捕

ニュース 事件

記事詳細

更新


フィリピン国籍の少女の父親を日本人と偽り…男女3人を逮捕

 フィリピン国籍の少女の父親を日本人と偽って認知届を提出したとして、警視庁組織犯罪対策1課は電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、横浜市泉区弥生台、一般社団法人「アジア人留学就労支援センター」理事、山本公雄被告(59)=同罪で起訴=ら男女3人を逮捕した。

 他に逮捕されたのは、フィリピン国籍の作業員、マスダ・ジェネット・タパリア(34)=東京都墨田区東墨田、同罪で起訴=と、無職、井上義広(67)=同区八広、同=の両被告。同課によると、いずれも容疑を認めている。

 山本容疑者は、タパリア容疑者から30万円で依頼を受け、タパリア容疑者の長女(2)の実の父親のDNA型を井上容疑者のものと偽って調査会社に提出。井上容疑者と長女を親子とする偽の鑑定書を東京入国管理局に提出し、日本人の子供としての在留資格を長女に取得させていた。

 逮捕容疑は平成25年8月、タパリア容疑者の長女の父親を井上容疑者と偽り、墨田区役所に認知届を提出したなどとしている。

「ニュース」のランキング