産経ニュース

今どきの若者なぜ中核派? 反原発やサークル装い浸透 京大捜索で注目

ニュース 事件

記事詳細

更新


今どきの若者なぜ中核派? 反原発やサークル装い浸透 京大捜索で注目

 警視庁による京都大学学生寮への家宅捜索で注目を集めた中核派。学生運動が盛んだった昭和時代に、対立組織の活動家を殺害するなど凄惨(せいさん)な暴力行為を繰り返してきた極左暴力集団だ。社会情勢の変化から、活動家の減少や高齢化が進み、衰退の一途をたどってきたが、事件では逮捕された3人を含め若者の姿も目立った。反原発活動やサークルを装った学生勧誘などが奏功しているとみられ、警察当局は警戒している。

「京大ポポロ事件」

 「令状を見せろ」「帰れ」。11月13日、警視庁公安部が京都市左京区の京大学生寮「熊野寮」で家宅捜索に着手すると、サングラスやマスク姿の活動家ら数十人が行く手を阻み、激しい押し問答となった。

 捜索の背景には東京・銀座で同月2日に起きた公務執行妨害事件がある。中核派が主導する集会後のデモ行進に参加していた全学連の活動家3人が、機動隊員に暴行したとして逮捕された。20代の男らのうち2人は京大生で熊野寮に住み、活動していたとみられる。

 その2日後の4日には、京大キャンパスで開かれた3人の逮捕に抗議する集会で、学生に交じっていた京都府警の私服警察官が取り囲まれ、拘束されるという異例の騒動が起きた。

 騒動はインターネットで実況中継されるなど拡散し「スパイに来た公安警察を“摘発”した」と学生らが記者会見。昭和27年に東大のキャンパス内で開かれた「劇団ポポロ」の公演に潜入していた私服警察官が学生に取り押さえられた「東大ポポロ事件」になぞらえ、「京大ポポロ事件」と称する動きにも発展した。

「ニュース」のランキング