産経ニュース

渋谷・道玄坂で工事中に土砂崩れ 生き埋めの作業員1人死亡

ニュース 事件

記事詳細

更新


渋谷・道玄坂で工事中に土砂崩れ 生き埋めの作業員1人死亡

土砂崩れで山田順司さんが死亡する事故があった掘削現場=24日午後3時32分、東京都渋谷区で共同通信社ヘリから

 24日午前11時50分ごろ、東京都渋谷区道玄坂で、漏水の確認のため道路に縦穴(直径約1メートル、深さ約3メートル)を掘る作業をしていた工事の関係者から「穴の側面の土砂が崩れ、中にいた男性作業員1人が生き埋めになった」と119番通報があった。

 駆けつけた警察と消防がバケツで土砂をかき出すなどの救助活動を行い、午後2時55分ごろ男性を発見。男性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 渋谷署などによると、死亡したのは足立区谷在家の土木会社員、山田順司さん(44)。事故当時、複数の工事関係者が周辺にいたが、穴の中では山田さんが1人で作業していたという。窒息死とみられ、同署が事故原因を調べている。

 現場は渋谷駅から北西に約500メートルの繁華街。

「ニュース」のランキング