産経ニュース

「朝日に怖いものはない」? 火に油を注いだ不祥事対応 企業広報の反面教師に

ニュース 事件

記事詳細

更新


「朝日に怖いものはない」? 火に油を注いだ不祥事対応 企業広報の反面教師に

 朝日新聞が依然、各メディアから袋だたきにあっている。慰安婦問題や東京電力福島第1原発事故をめぐる政府事故調のいわゆる「吉田調書」報道で“誤報”を認めて、おわびしたのだが、それがまた中途半端だったとして、朝日としてはドロ沼にはまり込むように各メディアの餌食になった。ただ一企業の不祥事対応としてこの朝日問題をみれば、各企業にとっても“他山の石”として今後の参考になる点は多いはずだ。

 事の起こりは8月に朝日自身が「慰安婦問題での報道検証」として特集を打ったことだ。ここで32年前の「吉田清治氏の発言」を事実ではなかったとして関連記事の削除、慰安婦と挺身(ていしん)隊の混同の誤りなど、自らの報道の非を認めたことから始まる。しかし、この時点では、非を認めたものの、それを32年間も是正せず読者や社会を混乱させてきた罪を何らわびることなく、傲然(ごうぜん)とした姿勢を維持したことだ。

 それを指摘したジャーナリストの池上彰氏が朝日での定期コラムで、朝日批判の記事を書いて掲載拒否にあった。火に油を注ぐとはこのことだろう。

「ニュース」のランキング