産経ニュース

【再掲・記者訴追 韓国に問う】ジャーナリスト、江川紹子氏 韓国自身を貶めた起訴

ニュース 事件

記事詳細

更新

【再掲・記者訴追 韓国に問う】
ジャーナリスト、江川紹子氏 韓国自身を貶めた起訴

 加藤達也前ソウル支局長(現東京本社社会部編集委員)のコラムは率直に言うと問題があると思うが、起訴という強権的な手段をとったのには唖然(あぜん)とした。朴槿恵(パク・クネ)大統領が「セクハラ的な記事だ」と抗議したのであれば状況は全く違った。

 政権批判につながるような記事を権力で封じ込めようとするのは問題。しかも引用元にはおとがめがなく、外国人記者のみを訴追することは法の下の平等に反する。大統領の怒りや、「産経新聞だから」という属人的、属社的なものがうかがえる。日韓関係を良くしたい人まで落胆させた。

 告発したのは朴大統領ではないが、大統領府から「民事・刑事で厳正にする」という内容のコメントが早い段階で出ている。それが検察の背中を押したのは間違いないと思う。大統領も、機会があったのに「刑事事件化したくない」とは言っていない。

 権力者は自分のために権力を使うことに抑制的でなければいけない。竹下登元首相が金権政治を批判されたとき、週刊誌などにはあることないことを書き立てられたという。周囲は「告訴しよう」といきり立ったというが、竹下氏は「権力者というのはそういうことをしてはいけない」とたしなめたと聞く。これは権力者への戒めだ。この言葉を大統領に贈りたい。

関連トピックス

「ニュース」のランキング