産経ニュース

「死んだ方が楽…」 失神ゲーム、2時間半で10回 日常的に暴行か

ニュース 事件

記事詳細

更新


「死んだ方が楽…」 失神ゲーム、2時間半で10回 日常的に暴行か

 東京都内の公立中学3年の男子生徒に胸を強く圧迫して気を失わせる「失神ゲーム」と呼ばれる暴力行為をしたとして、同級生らが警視庁少年事件課に暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕された事件で、男子生徒が約2時間半の間に10回失神させられていたことが17日、分かった。被害を受けたのは東村山市立中学3年の男子生徒(15)で、「7月ごろからいじめを受け、死んだ方が楽だと思った」と話しているといい、同課は日常的に暴行を受けていたとみている。

 逮捕されたのは、同市立中学3年の少年(15)2人と、別の同市立中学2年の少年(14)。ほかに同中学2年の少年(14)が補導された。同課によると、いずれも容疑を認め「ストレスのはけ口だった」などと供述している。

 逮捕容疑は8月9日午前6時50分~同9時半ごろ、逮捕された同市の中2少年の自宅で、「弱いから特訓ね」などと言って男子生徒の太ももを蹴るなどし、失神ゲームと称して胸を圧迫したとしている。

「ニュース」のランキング