産経ニュース

大分県教職員の訪朝「極めて不適切」 文科相、服務規律徹底要求へ

ニュース 事件

記事詳細

更新


大分県教職員の訪朝「極めて不適切」 文科相、服務規律徹底要求へ

 大分県の公立小中学校の教職員41人が平成22年と24年の2回にわたり、政府が渡航自粛を要請していた北朝鮮を訪問した問題で、下村博文文部科学相は30日、「極めて不適切であり大変遺憾」と述べ、教職員の服務規律の確保を徹底するよう、大分県教育委員会に求めていく考えを示した。

 この訪朝は、大分県教職員組合が海外研修として主催したもので、県教委も自粛するよう求めていた。

 下村文科相は30日の閣議後会見で、「公教育を担う教職員は、児童生徒の模範とならなければならず、一人一人が自らの行動を律する必要がある」と指摘。「学校の教育活動外であっても、保護者や地域住民の教育に対する信頼を損なってはならない」と話した。

「ニュース」のランキング