産経ニュース

東京・大田区の猫不審死 首絞め容疑で33歳男を逮捕 「野良猫への餌やり憤慨」一連の犯行関与認める 警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


東京・大田区の猫不審死 首絞め容疑で33歳男を逮捕 「野良猫への餌やり憤慨」一連の犯行関与認める 警視庁

 東京都大田区で4月以降に猫の死骸が相次いで見つかっている事件で、警視庁保安課は18日、猫の首を絞めてけがをさせたとして、動物愛護法違反容疑で、同区蒲田、会社員、久保木信也容疑者(33)を逮捕した。同課によると、久保木容疑者は「(住民らが)野良猫に餌やりをしているのに憤慨し、農薬入りの餌を猫に食べさせて殺した。仕事のストレスのはけ口になった」などと供述。4月以降の一連の猫の不審死についても関与を認めている。

 逮捕容疑は18日午前2時半ごろ、同区大森西の駐車場で猫の首を絞めて路上にたたきつけたとしている。猫は間もなく死んだ。

 久保木容疑者の自宅からは農薬の空き瓶が見つかり、8月に見つかった猫の死骸からも同様の成分が検出された。

 大田区では4月以降、半径500メートル以内にネコ45匹が泡を吹くなど不審死した死骸が見つかっていた。大田区保健所は猫の殺処分を行っておらず、野良猫の扱いをめぐって住民間でトラブルも発生していた。

 大森署員が同日午前3時20分ごろ、同区蒲田の路上で自転車を降りて立っていた久保木容疑者を発見。自転車の前カゴにポリ袋に入れた4匹のネコの死骸があるのを発見し、任意同行した。「首輪があり、騒ぎになると思って死骸を回収していた」と供述している。

「ニュース」のランキング