産経ニュース

【吉田調書抄録(10)】「死んだと思った」 チャイナシンドロームと「東日本壊滅」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【吉田調書抄録(10)】
「死んだと思った」 チャイナシンドロームと「東日本壊滅」

前のニュース

 東京電力福島第1原発事故で、所長として現場の指揮を執った吉田昌郎氏の聞き取り調査をまとめた「吉田調書」。最終回は吉田氏らの緊張がピークに達した2号機をめぐる証言をまとめた。

死んだと思った

 〈平成23年3月14日午後、福島第1原発1、3号機に続いて2号機が緊急事態に陥った。原子炉の冷却機能が失われ、炉内圧力が上昇。炉内を冷却するために「原子炉主蒸気逃がし安全弁」(SR弁)を開いて、圧力を下げて注水しようとしたが作業は進まなかった〉

 --(14日の)16時30分くらいから減圧操作を開始したが、手間取った

 吉田氏「(現場からの報告では)バルブが開かないと」

 吉田氏「何せ焦っていたんで、早く減圧させろと。私自身、パニックになっていました」

 --SR弁がなかなか開かないというところから、夜に行くぐらいのころ、退避なども検討しなければいけないのではないかみたいな話というのは出ていた

 吉田氏「(略)廊下にも協力企業だとかがいて、完全に燃料露出しているにもかかわらず、減圧もできない、水も入らないという状態が来ましたので、私は本当にここだけは一番思い出したくないところです。ここで本当に死んだと思ったんです」

吉田調書抄録のニュース

「ニュース」のランキング