産経ニュース

鉄筋倒れ2人死亡 マンション工事 東京・西葛西

ニュース 事件

記事詳細

更新


鉄筋倒れ2人死亡 マンション工事 東京・西葛西

建設現場から救急車に運び込まれる人=22日午後8時36分、東京都江戸川区西葛西

 22日午後6時55分ごろ、東京都江戸川区西葛西のマンション建設現場で、大量の鉄筋が倒れ、男性作業員3人が下敷きになった。3人は間もなく救出されたが、男性2人が死亡、40代の男性が骨盤を折る重傷を負った。

 鉄筋を束ねていた針金が何らかの原因で外れたとみられ、警視庁葛西署は業務上過失致死傷の疑いがあるとして、工事関係者から事情を聴くなどして詳しい経緯を調べている。

 同署によると、亡くなった2人は千葉県船橋市の高橋健太さん(30)とキューバ国籍で江戸川区のノエル・ベニテツさん(29)とみられ、確認を急いでいる。

 同署や東京消防庁によると、3人は別の作業員1人とともに、マンションの土台となる地下部分で、鉄筋(太さ約4・5センチ、長さ約4メートル、重さ約42キロ)の周りをコンクリートで固め、柱部分を作っていた。

 鉄筋は針金で約220本束ねた状態で立てかけられていたとみられ、3人が倒れてきた鉄筋の下敷きになったという。

 現場は東京メトロ東西線西葛西駅から北西に約600メートルの住宅街。

このニュースの写真

  • 鉄筋倒れ2人死亡 マンション工事 東京・西葛西
  • 鉄筋倒れ2人死亡 マンション工事 東京・西葛西

「ニュース」のランキング