スルガ銀の元行員を逮捕、預金不正解約容疑 静岡県警 - 産経ニュース

スルガ銀の元行員を逮捕、預金不正解約容疑 静岡県警

スルガ銀行本店=静岡県沼津市
 顧客の定期預金を不正に解約し、だまし取ったとして、静岡県警沼津署と県警捜査2課は28日、有印私文書偽造・同行使と詐欺の疑いで、元スルガ銀行の行員、佐々木圭輔容疑者(40)=伊豆の国市原木=を逮捕した。佐々木容疑者は「間違いありません」とおおむね容疑を認めている。
 逮捕容疑は、スルガ銀本店営業部の融資担当だった今年5月、複数回にわたり個人顧客の定期預金を不正に解約し、計約7500万円をだまし取ったとしている。
 スルガ銀は、社内調査により平成27年4月~今年6月にかけて、個人顧客3人分の定期預金を無許可で解約し、不正流用していたことを突き止め、8月に懲戒解雇処分。翌月に県警へ刑事告発した。被害額は計約1億6500万円に上り、大半を取引先への融資金として流用していたという。
 スルガ銀は「事態を重く受け止めており、今後も警察の捜査に全面的に協力する。内部管理態勢の強化と信頼回復に向け、役職員一丸となり努めて参ります」とのコメントを発表した。