「酒を盗もうと」町内会館に侵入 容疑のとび職逮捕 神奈川・秦野市

 

 正当な理由なく町内会館に侵入したとして、神奈川県警秦野署は12日、建造物侵入の容疑で同県秦野市今泉のとび職、勝又勝(すぐる)容疑者(29)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午前2時50分ごろ、自宅近くにある町内会館に窓ガラスを破って無断で侵入したとしている。室内から懐中電灯の明かりが漏れていることを不審に思った近所の女性が110番通報。同署員が現場に駆けつけたところ、玄関から勝又容疑者が飛び出してきたため追跡し、約5分後に身柄を確保した。

 同署によると、勝又容疑者は取り押さえられた際、ポリ袋に入った缶ビール21本を手にしており、取り調べに対して「酒を盗もうと思った」と供述している。逮捕当時はかなり酒に酔っていたという。

 町内会館には17日の敬老の日に開かれる会合のため、酒類が運び込まれていたといい、同署は窃盗の容疑でも調べる方針。