【北海道震度7地震】青森県が厚真町に職員派遣 避難所運営を支援 - 産経ニュース

【北海道震度7地震】青森県が厚真町に職員派遣 避難所運営を支援

厚真町に派遣される職員を激励する佐々木郁夫副知事(右)=12日、青森県庁(福田徳行撮影)
 最大震度7を観測した北海道の地震で、青森県は13~20日まで厚真町に職員15人を派遣し、避難所運営の支援などに当たる。12日に県庁で激励式が行われ、佐々木郁夫副知事が「被災者の気持ちに寄り添い、ニーズに最大限対応すべく頑張ってほしい」と激励した。
 大規模災害時の北海道・東北8道県相互応援協定に基づき、道から職員派遣要請があった。県庁の各部局から推薦された15人が5班に分かれ、避難所での食事の手配や清掃、夜回りなどを行う。
 行政経営管理課の箱田悟主幹(47)は「現地では大変な状況になっているが、被災者に寄り添い、少しでも力になりたい」と抱負を語った。