母、姉殺害事件、死因は窒息死 栃木・日光 

 

 栃木県日光市野口の自動車専用道「日光宇都宮道路」下り日光口パーキングエリアで11日、乗用車の中から女性2人の遺体が発見され、殺人容疑で、埼玉県春日部市大沼、無職、宇田川稔(みのる)容疑者(61)が逮捕された事件で、栃木県警は12日、司法解剖の結果、2人の死因は窒息死と推定されることを明らかにした。殺害されたのは宇田川容疑者の母、志津江(しづえ)さん(90)と姉、洋子さん(66)。

 県警によると、死亡推定時刻は10日夜ごろ。遺体に傷や骨折などの目立った外傷はなかった。宇田川容疑者の首などには刃物によるとみられる切り傷があり、自分で切ったという内容の供述をしている。11日午前、同居の親族が「3人が行方不明になった」と警察に届け出ていた。

 宇田川容疑者は容疑を認めており、県警は殺害方法や動機、車内の遺留物などを詳しく調べる。