路上強盗の疑い 横浜の少年ら逮捕 - 産経ニュース

路上強盗の疑い 横浜の少年ら逮捕

 通行人を襲撃して現金を奪ったとして、神奈川県警緑署は11日、強盗容疑で、いずれも横浜市緑区に住む14~15歳の中学生3人を逮捕した。すでに共犯の少年3人を逮捕しており、6人とも容疑を認めている。
 逮捕容疑は8月15日午前3時10分ごろ、同区鴨居の歩道上で、自転車を運転していた無職の男性(40)=東京都多摩市鶴牧=を「カネを出せ」などと脅し、顔などを殴って現金約6千円を奪ったとしている。
 同署によると、6人は同じ中学校の在校生と出身者で、事件当時、歩道でたむろしていた。そこに男性が自転車で通りかかったところを襲ったという。動機については「バイクのガソリン代や飲食代が欲しかった」などと説明している。
 男性が近隣の交番に駆け込んだことで事件が発覚。地元の不良グループの少年らの証言などから、6人の関与が浮上した。
 事件直後には、現場から約11キロ離れた同市青葉区奈良の路上でも近くに住むパートの男性(43)が現金約3千円を奪われる路上強盗事件が発生しており、少年らは関与を認める供述をしているという。