世界初のドローン長距離試験施設で作業員死亡 建設中に建材落下 福島・南相馬市

 

 「世界初のドローン長距離飛行試験拠点」として7月20日に一部開所した「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市原町区)で10日、労災事故があり男性作業員が死亡した。

 事故があったのは同日午後1時半ごろ、同フィールドの試験用プラント建設現場で建設作業員、岡部亮さん(21)=同県郡山市大槻町=の頭上にクレーンで吊り上げてられていた長さ5メートル、幅60センチのセメント製の外壁建材がクレーンから外れて落下。岡部さんは頭を強く打つなどして死亡が確認された。

 県警南相馬署によると、事故当時、骨組みだけの6階建てプラントの屋上部分から建材を下ろす作業をしていた。岡部さんは4階部分で作業中だったという。なぜ建材がクレーンから外れたのか、同署は原因を詳しく調べている。

 福島ロボットテストフィールドは、世界に先駆けたドローン物流や災害対応ロボットなどの研究開発、実証試験、操縦訓練などを行う開発拠点。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で失われた同県浜通り地域の産業再構築を目指す福島イノベーション・コースト構想の中核施設の1つ。