潮干狩りで70代男性と55歳女性死亡 千葉・船橋

 

 9日午前から昼にかけ、千葉県船橋市潮見町の「ふなばし三番瀬海浜公園」付近の海で潮干狩りをしていた男女3人が溺れ、男性1人と女性1人が死亡した。

 千葉県警船橋署によると、午前11時15分ごろ、埼玉県川口市の無職、小林光紀さん(78)が溺れているのを近くの人が見つけて引き上げたが、搬送先の病院で死亡が確認された。小林さんは友人と4人で潮干狩りに来ていた。

 午後0時50分ごろには千葉県市川市の芦瑞珠さん(55)と東京都の女性(59)が溺れ、東京都の女性は救助されたが、芦さんは10日午前9時半ごろ、近くの海で遺体で発見された。芦さんらは3人で潮干狩りに来ており、救助された東京都の女性は「2人で貝を採っていたら少しずつ潮が満ちてきた。防波堤の方に歩いていたら、(沖の方で芦さんが)沈んでいくのが見えた」と事故当時の状況を話しているという。

 3人が溺れた現場は岸から出ている防波堤の先端付近で、いずれも沖合約300メートルの海域。千葉海上保安部によると、水深が浅くなっており、潮干狩りをする人が多いが、潮の満ち引きが分かりにくく、立ち入り禁止になっていた。