厚真町付近に新たな活断層が存在か

北海道震度7地震
地震で大規模な土砂崩れが発生した北海道厚真町吉野地区(手前)=6日

 北海道の地震で最大震度7を観測した厚真町の現場付近に、これまでに知られていない活断層が複数存在していた可能性があることが10日、専門家への取材で分かった。過去に繰り返し地震が発生し、地形や地層が変化してできた「二次的活断層」が認められるとしている。

 道内の専門家らでつくる「石狩沖積低地研究会」が平成26~29年に実施した地質調査で判明。今後、現場の詳しい状況を把握し、地震との関連を調べる。

 政府の地震調査委員会は今回の地震について、震源近くの活断層「石狩低地東縁断層帯」で発生したものではないと説明している。 研究会の調査結果では、多くの犠牲者が出た厚真町の吉野や富里、幌内地区付近の少なくとも4カ所に、南北に走る線状模様があり、いずれも二次的活断層の可能性があるという。