神奈川・秦野市職員、酒気帯び事故の疑いで逮捕 「朝に梅酒飲んだ」

 

 神奈川県警厚木署は9日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県秦野市南矢名、秦野市職員、荒川房浩容疑者(53)を現行犯逮捕した。署によると、荒川容疑者は秦野市職員の身分証を持っており、自身の役職は主査だと説明している。「朝に梅酒をロックでグラス1杯飲んだ」と話しているという。

 逮捕容疑は9日午後1時5分ごろ、同県厚木市愛甲東2丁目の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。愛甲東2丁目の交差点で、荒川容疑者の車と別の乗用車が衝突。呼気検査で荒川容疑者から基準値の3倍超のアルコールを検出した。けが人はいなかった。