横浜で死亡事故相次ぐ バイクの大学生と歩行中男性

 

 7日午後9時20分ごろ、横浜市戸塚区品濃町の市道環状2号交差点で、右折中の普通乗用車が対向車線を直進してきたミニバイクと衝突。ミニバイクを運転していた大学1年の男子学生(19)=同市保土ケ谷区今井町=が病院に搬送されたが、約2時間半後に死亡が確認された。乗用車を運転していた会社員、本田奨さん(27)=同市戸塚区名瀬町=は首を捻挫する軽傷。

 神奈川県警戸塚署によると、現場は信号機のある片側3車線の十字路交差点。同署は事故の詳しい状況を調べている。

 また、同日午後11時半ごろには、横浜市中区初音町の県道で、歩行中の60代くらいの男性がタクシーがはねられ、男性は搬送先の病院で約1時間後に死亡が確認された。神奈川県警伊勢佐木署は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で同市磯子区洋光台のタクシー運転手、瀬川昇容疑者(70)を現行犯逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。

 同署によると、現場は片側2車線の直線道路。当時、タクシーに乗客はいなかった。同署は男性の身元確認を急ぐとともに、容疑を同法違反(過失致死)に切り替え、詳しい状況を調べる方針。