相模原で大型トレーラーと衝突 オートバイの男性重傷

 

 7日午前5時20分ごろ、相模原市南区下溝の市道で、大型トレーラーとオートバイが衝突し、オートバイを運転していた近くに住む会社員の少年(17)が頭を強く打つなどして重傷を負った。神奈川県警相模原南署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で、トレーラーを運転していた会社員の鈴木富美夫容疑者(63)=静岡県富士市比奈=を現行犯逮捕した。

 同署によると、現場は信号機のある十字路交差点で、出合い頭に衝突したという。事故当時、鈴木容疑者は勤務中で、ペットボトルの飲料水を運んでいた。「気づいたら赤信号で、止まれなかった」などと供述しているといい、同署は詳しい事故の状況を調べている。