【新潟女児殺害】小林遼被告は出席せず 公判前整理始まる - 産経ニュース

【新潟女児殺害】小林遼被告は出席せず 公判前整理始まる

小林遼被告
 新潟市西区で5月、小学2年の女児=当時(7)=が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死、死体遺棄・損壊などの罪に問われた小林遼(はるか)被告(24)の第1回公判前整理手続きが6日、新潟地裁(山崎威裁判長)で開かれた。
 公判前整理は非公開で行われ、裁判官や弁護人など7人だけで、小林被告は出席しなかった。事件の争点や、公判で取り調べる証拠の整理に向けた手続きが行われた。次回は10月4日に予定されている。
 起訴状などによると、小林被告は5月7日、西区の路上で下校中の女児の後ろから軽乗用車を衝突させ、車に乗せて連れ去った。その後、区内の駐車場に止めた車の中でわいせつな行為をした上で殺害し、遺体をJR越後線の線路に放置して列車にひかせ、損壊するなどしたとしている。