薬品タンク爆発、2人死傷 DIC子会社の工場、茨城

 
茨城県神栖市にある工場内の爆発事故を受けて記者会見を開くDIC EPの谷川栄司社長(左から2人目)ら=6日午後、同市東深芝

 6日午後1時50分ごろ、茨城県神栖市東深芝にあるDIC子会社の樹脂製造工場で、薬品を保管するタンクが爆発した。2人が病院に搬送され、委託先「新興プランテック」の従業員、岩井俊夫さん(68)=千葉県銚子市春日町=が死亡、別の男性従業員(48)も左脚骨折の重傷を負った。神栖署が原因を調べている。

 署によると、タンクは高さ約5・4メートル、直径約5・6メートルで「パラジクロロベンゼン」という薬品を保管。爆発音を聞いて駆け付けた別の作業員が、タンクのそばで倒れている2人を見つけた。

 DICによると、2人はタンクの上で部品の溶接作業をしており、火花が内部のガスに引火した可能性があるという。工場では、自動車に使うプラスチックの部品などを製造している。