【文科省汚職】国会議員や官僚10人前後接待か 特捜部、前統括官ら起訴 - 産経ニュース

【文科省汚職】国会議員や官僚10人前後接待か 特捜部、前統括官ら起訴

谷口浩司被告
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務をめぐる接待汚職事件で、医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司(こうじ)容疑者(47)=贈賄(ぞうわい)容疑で逮捕=が、国会議員2人や官僚ら少なくとも10人前後を飲食接待していたとみられることが15日、分かった。東京地検特捜部は同日、文部科学省前国際統括官の川端和明容疑者(57)を収賄(しゅうわい)罪で、谷口容疑者を贈賄罪でそれぞれ起訴した。関係者によると、川端被告は接待を受けたことなどを認めているといい、谷口被告は起訴内容を全面的に否認しているという。
 起訴状によると、川端被告はJAXA理事に出向中の平成27年8月~29年3月、コンサル会社の複数の営業先に対し、JAXAからの宇宙飛行士の講師派遣や人工衛星を利用した業務提案で便宜を図るなどした見返りに、約20回の飲食接待とタクシーチケット1冊の計約150万円相当の賄賂(わいろ)を受けた。谷口被告は同社元役員と共謀し、川端被告を接待したとしている。
 谷口被告は川端被告や、前科学技術・学術政策局長の佐野太(ふとし)被告(59)=受託(じゅたく)収賄罪で起訴=ら複数の文科省幹部を東京・銀座の高級クラブなどで飲食接待していたとされる。
 関係者によると、谷口被告は元閣僚の参院議員や別の衆院議員らにも数年前から接待していたとみられる。接待を受けたのは厚生労働省の官僚を含め少なくとも計10人前後に上るもようだ。
 特捜部は7月、東京医科大が支援事業選定を受けられるよう便宜を図る依頼を受け、見返りに息子を合格させてもらったとして佐野被告を起訴。手助けをしたとして谷口被告を受託収賄幇助(ほうじょ)罪で起訴していた。