【文科省汚職】前理事長、個人的に謝礼受け取る 東京医大 内部調査委が報告書 - 産経ニュース

【文科省汚職】前理事長、個人的に謝礼受け取る 東京医大 内部調査委が報告書

 東京医科大の臼井正彦前理事長
 医学部医学科をめぐる不正入試疑惑で、東京医科大(東京都新宿区)の内部調査委員会は7日、経緯などをまとめた報告書を公表した。今年と昨年実施した一般入試1次試験で加点により不正入試が行われたのは20人近くに上り、不正は前理事長の臼井正彦(うすい・まさひこ)被告(77)=贈賄罪で在宅起訴=が指示したと認定。大学に寄付金を納入してもらうほか、個人的に謝礼を受け取ることもあったと明記した。2次試験でも女子受験者だけでなく、3浪以上の男子に対して合格を抑制するための得点操作が行われていたと指摘した。
 報告書によると、今年の入試の1次試験で、前科学技術・学術政策局長、佐野太(ふとし)被告(59)=受託収賄罪で起訴=の息子を含む6人に最大49点を加点。2次試験の小論文では受験者全員に「0・8」を掛ける得点操作をしていたと認定した。
 男子の場合、減点後に現役と1~2浪の受験生に一律20点、3浪生には10点をそれぞれ加点。女子と4浪以上の男子には点を加えず、結果として女子と3浪以上の男子の得点が抑えられていた。
 昨年の1次試験では13人に対し、それぞれ8点から45点が加えられていたことも判明した。
 こうした不正入試は、得点操作の方法を記したマニュアルが作られ、担当者の間で引き継がれていたという。
 女子受験者の合格者数抑制について、大学関係者は「女性は結婚や出産を機に職場を離れる人が多く、女子合格者を抑え、系列病院の医師不足を避ける目的があった」と話している。3浪以上の多浪生をしぼった理由について「浪人を重ねている人は医師国家試験の結果も良くないという相関関係が出ている」としている。
 林芳正文部科学相は7日の閣議後会見で、東京医科大が医学部医学科の一般入試で女子や3浪以上の受験生の合格を抑制していた疑惑について「性別や年齢などで不当に差別するような入試が行われることは断じて認められない」と批判した。