【大阪北部地震】ブロック塀、群馬県立33校で不適合を確認 - 産経ニュース

【大阪北部地震】ブロック塀、群馬県立33校で不適合を確認

 群馬県教育委員会は17日、大阪府北部地震を受けて県立学校のブロック塀を調査した結果、33校で建築基準法に適合していなかったと発表した。また別の12校でも塀の劣化が見つかるなど、安全性に問題があった。
 県教委によると、高校や特別支援学校といった県立の84校を学校職員が目視で調べた。うち33校で塀の高さが建築基準法施行令の規定する2.2メートルを超えたり、「控え壁」と呼ばれる補強材が少なかったりした。
 県教委は、通学路に面する塀などを優先して対策を講じるという。